BTSの曲が削除された理由はなぜ?チョンバビ事件の内容を時系列解説

韓国の音楽界に衝撃を与えたチョンバビ事件により、BTSの最新アルバムの楽曲が削除されました。

 

この深刻な事件は、2021年に起訴されたチョンバビ氏による女性への暴行・違法撮影が原因で、2023年に最高裁判所により一部有罪判決が下されました。

 

チョンバビ氏が関与した他のBTSの楽曲も、今後の展開によって影響を受ける可能性があり、ファンや業界関係者からは複雑な反応が寄せられています。

 

削除されたBTSの楽曲の内容

BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE in THE US
最新アルバムからBTSの曲が削除された内容
2021年ロサンゼルスと2022年ラスベガスで行われたBTSのライブツアー『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE in THE US』の発売が決定しました。
しかし、一部の曲が削除されていることが明らかになりました​​。
削除された楽曲: 「HOME」と「Love Myself」の2曲が削除されました​​​​。

スポンサーリンク

チョンバビが関わったBTS楽曲一覧

チョンバビ

チョンバビ氏は2018年から2019年にかけて、インディーズバンド出身としてBTSの楽曲に共同作詞家として参加していました​​​​。

2018年リリースの楽曲

Love Maze


(収録アルバム: LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’)

 

I’m Fine

(収録アルバム: LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’):

 

Answer: Love Myself


(収録アルバム: LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’):

 

134340

 

2019年リリースの楽曲

HOME

(収録アルバム: MAP OF THE SOUL: PERSONA)

 

Dream Glow

2019年6月28日にリリースされたBTS WORLD OSTに収録​​

 

2022年リリースの楽曲

Filter (ジミンのソロ曲)


これらの楽曲は、チョンバビ氏が共同作詞家として関わったものです。

 

ただし、これらの楽曲は他の多くのアーティストやプロデューサーも共同で制作しており、チョンバビ氏だけの作品ではありません​​。

スポンサーリンク

チョンバビ事件解説時系列、内容、現在の状況

チョンバビ

チョンハビ事件の経緯

チョン・バビ氏は2021年10月に2人の女性への暴行・違法撮影の疑いで起訴され、2023年9月に最高裁判所によって一部暴行の疑いに有罪判決が下されました​​。

 

チョンハビ事件内容

一人の女性は薬物入りのお酒を飲まされ、意識のない状態で性的暴行と盗撮の被害に遭いました。

 

この被害者は後に自殺してしまいます​​​​。

 

チョンハビ事件現在の状況

2020年4月、被害者の自殺が発生し、その後の報道と捜査が続きました。

 

2022年にはチョン・バビ氏が懲役1年を宣告され、2023年には罰金刑に減刑されました​​​​​​。

スポンサーリンク

【閲覧注意】チョンハビ事件の詳細な時系列

チョンバビ事件

2019年7月30日

チョンバビ氏は歌手志望で恋人だった20代の女性A氏を違法に撮影した疑いで起訴されました​​​​。

 

2020年4月

A氏は、チョンバビ氏が同意なしに自身の身体を撮影したと訴え、その後この世を去りました​​​​。

 

2020年7月から9月

チョンバビ氏は別の女性B氏に暴行し、違法に撮影した疑いでも起訴されました​​​​。

 

2021年10月

A氏とB氏の事件が併合され、チョンバビ氏が起訴されました​​​​​​。

 

2020年12月

第1審裁判所はチョンバビ氏に懲役1年を言い渡し、法廷拘束しました​​​​​​。

 

2023年9月14日

最高裁判所はチョンバビ氏に対する違法撮影の疑いは無罪とし、一部暴行の疑いに有罪判決を下しました​​。

 

第2審の裁判所は原審の判決(懲役1年)を破り、罰金300万ウォン(約30万円)を宣告し、チョンバビ氏は釈放されました​​。

スポンサーリンク

チョンバビの主張

チョンバビ

チョンバビ氏はB氏に対する一部暴行だけを認め、違法撮影の疑いは全面的に否定しました。

 

撮影は事実であるが、相手の同意を得たと主張しています​​​​​​。

 

裁判所の判断

裁判所は違法撮影の疑いを有罪と認める証拠が足りないと判断しましたが、一部の暴行疑いについては有罪を認めました​​。

 

この事件は、性的暴行、違法撮影といった重大な疑いに関連し、公の場で大きな注目を集めました。

 

特に、被害者の一人が自らの命を絶ったことは、事件の深刻さを物語っています。

 

チョンバビ氏は最終的に違法撮影に関する容疑は無罪とされましたが、暴行に関しては有罪とされ、罰金刑が確定しました。

スポンサーリンク

チョンバビ事件まとめ

チョンバビ事件は、特に公共の人物による個人のプライバシーと身体的完全性に対する侵害の問題を浮き彫りにしました。

 

この事件とチョン・バビ氏の関与が、BTSの楽曲削除の主な原因とされています。

 

ファンや公衆からの反応は複雑で、一部では「曲に罪はない」との意見もある一方で、チョン・バビ氏の犯罪行為に対する批判も強くありました​​。

 

スポンサーリンク

おすすめの記事